トップへ » 当院が選ばれる理由 » 無痛治療へのこだわり

「歯医者さん=痛い」を無くしたい。

歯医者さん痛い

みなさんに歯医者のイメージをお聞きすると「歯医者は痛い・怖い」というお答えが帰ってきます。特に「麻酔注射が怖かった」とか「痛かった」と子どもの頃に受けた治療がトラウマになっている方も多いようです。

歯が痛くて治療に来てるのにもっと痛い思いをするのは、誰でも嫌だと思います。そこで、当クリニックでは"痛くない治療"にこだわっています。

テクニックと思いやりを込めて
痛みを感じさせない治療には、テクニックはもちろん、きめ細やかな心づかいが欠かせません。麻酔注射は、患者さまの呼吸に合わせて少しでも痛くないようにし、治療は十分に麻酔が効いてから始めています。治療中も患者さまの様子を見ながら、慎重に確実に、そして手早く行うよう心がけています。

患者さまの恐怖を少しでも和らげ、安心感を積み重ねていくことで「歯科って怖いところじゃない」「安心できるところだ」という気持ちにつなげていきたい。当クリニックはそう考えています。

麻酔注射だって、痛くない!

麻酔注射治療中の痛みを抑えるために使用する麻酔が「痛くてイヤ」と言う方がたくさんいらっしゃいます。歯科治療の最初の試練である「麻酔」。「痛みのない麻酔」をすることが当クリニックのこだわりです。

「ぜんぜん痛くなかった」
「えっ?注射したの?分からなかった」
「最近の麻酔は針を使わないの?」
「あれっ!?麻酔、もう終わり?」

来院された患者さまから、こんな声をたくさんいただいています。
「麻酔注射がイヤだなー」と日頃からお感じであれば、ぜひ一度、当クリニックをお試しください。


表面麻酔で「チクリ」を減らします
麻酔注射をする前に、歯ぐきに「表面麻酔」という薬を塗ります。皮膚や粘膜を麻痺させるので、麻酔針を注入する際の違和感を減らすことができます。

世界でもっとも細い注射針を使用しています
痛みを減らすことを目的に開発された、世界でもっとも細い注射針「33G(針の外形が0.026mm)」の注射針を使用しています。注射針は細いほど違和感を感じにくくなります。

暖めた麻酔液を使用しています
体温と温度差のある液体を歯ぐきに注入すると、身体はびっくりして痛みとして感じることがあります。当クリニックでは、麻酔液を人肌程度に温めて温度差による刺激を減らしています。

電動の麻酔注射器でゆっくりと注入
麻酔液を一気に注入すると痛みになることがあります。当クリニックでは、麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入できる「電動麻酔注射器」を使用しています。麻酔薬注入の刺激による痛みを緩和します。

充分に麻酔が効いてから治療を始めます
麻酔を打ったらすぐ治療を始めるような乱暴なことはしません。麻酔の効果がきちんと効いてから治療を始めるので、治療に伴う痛みや不快感をほとんど感じることがありません。安心して治療をお受けいただけます。

「抜く・削る」をきちんと考えて、歯を長持ちさせる

抜く削る●できるだけ削らない、抜かない治療を心がける
●メリット・デメリットをきちんと説明する
●今だけではなく、将来の歯を考えた治療を行う
●患者さまの意思を尊重。治療方法を選択していただく

当クリニックでは、まわりの歯への影響を考慮し、「残せる歯は抜かない」「必要以上に歯を削らない」治療を心がけています。

どうしても抜歯が必要な場合は?
しかし、虫歯の症状の重さや状態によっては、しっかり削って治療を施した方が将来的な安定を考えたら良い場合もあります。抜歯をしてインプラントを打った方が良い場合もあります。まずは、症状に合わせて、どのような治療法がベストなのかを患者さまに説明いたします。その際、歯を残すメリット・デメリット、歯を削るメリット・デメリットについてきちんと説明します。

治療法の選択権は患者さまご自身にあります
今だけでなく、将来の歯の状態や抱えるリスクも想定してお話をさせていただきますので、患者さまご自身もよくお考えになってください。ベストな治療法は、「最終的にご自身で選んでいただいたものである」と考えています。ご要望をきちんと伺い、できる限り多くの治療方法を開示できるよう心がけています。

虫歯はまずは予防、そしてその上で早期発見、早期治療が肝心です。健康な歯を守るためにも、違和感を感じたら、早めに受診されることをおすすめします。

薬で治す虫歯治療も行っています【3MIX法】

3MIX法「3MIX法」は3種の抗生物質を混ぜた薬剤を虫歯に塗布して虫歯を治療します。一般的な虫歯治療では、患部をすべて取り除き、場合によっては神経を取り去ります。

3MIX法で対処できる虫歯は、神経をそのまま残すことができ、ドリルで削るといった外科的治療が必要がないため、安心して虫歯治療を受けることができます。

●3Mix法の注意点
ただし、深いところにまで進行している場合は効果が期待できません。また、現時点では厚生労働省の認可未取得の治療法になりますので、治療に関しては患者さまのご理解と承諾が必要です。ご不明な点等は、遠慮なくお問い合せください。

症状から虫歯の進行をチェックしてみましょう

チェックCo(シーオー:初期う蝕、要観察歯)

●見た目ではほとんどわからない
歯が溶け始めて虫歯ができ始めた状態ですが、まだ穴が開いていたり、黒くなっていたりはしません。この段階では、予防をきちんと行うことが大切です。

フッ素入りの歯磨き粉で毎日の歯磨きをきちんと行ない、定期的に歯科医院でフッ素塗布を行なえば再石灰化が可能です。

小さな穴が開いているが痛みは感じない

小さな穴C1(エナメル質う蝕)

虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かして小さな穴ができた状態。象牙質までは達していないため、痛みはありません。しかし、痛みをあまり感じることがないからといって、放っておくと症状がどんどん進んでしまいます。

<治療方法>
虫歯の患部を必要最小限削り、保険適用の白い詰め物をします。

冷たい物や甘い物を食べた時しみてしまう

冷たい物C2(象牙質う蝕)

虫歯が象牙質まで進んでしまった状態です。冷たいものや甘いものがしみることがあります。治療器具などが触れると痛みを感じてしまうため、麻酔が必要になります。

<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れて完了です。虫歯が深く広がっている時は、麻酔をかけて患部を削り、詰め物を製作して装着します。

激しい痛みを感じる

激しい痛みC3(神経まで達したう蝕)

虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達してしまいました。こうなると、激しい痛みを感じる場合が多くなります。また、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
この段階になると根管治療が必要です。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中の汚れをきれいに取り除いてから被せ物を装着します。状態によっては、抜歯が必要になる場合もあります。

歯がほとんど残っていない

画像小C4(残根状態)

歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

<治療方法>
ここまで進行すると殆どの場合、抜歯となります。ただし、治療可能な歯質が残っていれば、根管治療をしてから土台を作っていくことで、歯を残せる可能性もあります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 無痛治療へのこだわり


アクセス・診療時間


TOPへ