トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント

インプラントとは?

インプラント

インプラントと聞いて、まず頭に浮かんでくるのはどんなことでしょうか。「値段が高い」「時間がかかる」「手術をしなければならない」「場合によっては治療を断られることがある」でも、ご安心ください。当院で行っているインプラント治療は、これまでの常識をことごとくくつがえす、画期的な治療なのです。

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまい食べ物が噛みにくくなってしまった部分や歯が抜けて見栄えが悪くなってしまった部分の顎の骨に人工の歯根(これをインプラントと言います)を埋め込んで、その上に人工の歯を被せる治療法がインプラント治療です。この治療をすることによって、天然の歯と同じようにものを噛むことができるようになります。もちろん見た目も自然で、入れ歯のような違和感すらありません。

「抜けたままでもいいや」と思っていませんか?

インプラント治療歯が抜けたままにしておくと、お口の中に思わぬ悲劇が訪れます。放置しておくとどうなるでしょうか。

(1)歯が抜けた部分に隣の歯が動いてくる
数ヶ月、あるいは数年という時間はかかりますが、確実に、抜けてしまった歯の両隣にある歯が倒れ込んできます(傾斜)。さらに、噛み合っていたはずの上の歯が下に落ちてきます(挺出)。

(2)噛み合わせが悪い歯に異常な力がかかる
歯が動いてしまうと、ものを噛んだときに噛み合わせがずれた部分が異常な強さでぶつかるようになり、大きなダメージが加わります。

(3)虫歯や歯周病になって、最後には抜けてしまう
傾斜や挺出で歯並びが悪くなると、どうしても歯垢が溜まりやすく、不衛生な部分ができてしまいます。すると、その部分が虫歯になったり歯周病を起こしたりします。症状が進むと、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。

傾斜や挺出した歯の寿命は、健康な歯の2/3~1/2ほどとなってしまいます。また、歯が抜けてしまった側ではしっかりものを噛むことができなくなるため、反対側の奥歯や前歯などに余計な負担をかけてしまいます。その結果、それらの歯の寿命も短くなってしまうことがあります。すべての歯の寿命が短くなってしまうということは、やがて総入れ歯をしなければならなくなることを意味しています。

失った歯を補うには

失った歯を補うには、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。

ブリッジ失った歯を補うには
抜けてしまった歯の両隣にある健康な歯を支えにして、ダミーの歯と連なった被せ物を装着します。保険が適応されるので、現在最もよく行われている治療法です。

<ブリッジのメリット>
・異物感がそれほどなく、普通にものが噛める

<ブリッジのデメリット>
・両隣の歯を大きく削らなければならない
・2本の歯で3本分の噛む力を負担するため無理がかかる
・ブリッジと歯との境目に隙間ができてしまうので、歯垢が溜まりやすく不衛生になりがち
・保険治療の場合は金属を被せるので、審美性に劣る

入れ歯失った歯を補うには
<入れ歯のメリット>
・歯がない部位に装着するだけなので安全
・保険診療で作ることができる
・顎の骨が薄くても作ることができる
・取り外しができるのでメンテナンスが楽

<入れ歯のデメリット>
・歯にかかる力を歯ぐきで支えるため、プラスチック製の人工の歯ぐきがついたものを装着しなければならない
・違和感がある
・入れる場所によっては舌がひっかかって発音障害を起こすこともある
・噛む力が、健康な歯の20~30%ほどとなる
・入れ歯を支えるためにワイヤー状の留め金を健康な歯に引っかけるので、支えとなる歯に大きな負担がかかる

インプラント失った歯を補うには
<インプラントのメリット>
・健康な歯を削る必要がなく、ほかの歯に負担がかからない
・入れ歯のような違和感がない
・天然の歯と同じように、強い力で噛むことができる
・見た目も天然歯とほとんど見分けがつかない

<インプラントのデメリット>
・値段が高い(1本30~50万円)
・外科手術が必要(事故の可能性もゼロではない)
・期間が長くかかる
・顎の骨が薄く、骨量が不足している場合は治療を断られることがある

デメリットが少ない当院のインプラント治療の特長

当院で行っているインプラント治療は、先に挙げたインプラントのメリットはそのままに、これまでデメリットとされてきた点を大幅に減らしています。多くの患者さまに最良の治療を提供しています。

【特長1】1本20万円からという安心価格を設定しています当院のインプラント治療の特長
決して安かろう悪かろうではありません。当院のインプラントはシンプル・イズ・ザ・ベスト。ワンピース構造といって、余分なパーツやツールが少ないので1本20万円からという破格の値段を実現しています。インプラント治療を受けたいと思っても、費用がかかるからと諦めざるを得なかった患者さまにも、少ない負担で治療を受けていただけます。

【特長2】歯科用CTを使って安全・確実な手術を行います当院のインプラント治療の特長
インプラント治療をする上で、欠かすことができないのが歯科用CTです。通常のレントゲンでは2次元の写真しか撮れませんが、CTならば治療する部位を水平、垂直、斜めと3方向からの画像を3D(3次元)で撮影することが可能です。

この画像を得ることにより、インプラントを埋め込む部位の骨の状態を正確に把握できるようになるほか、手術によって絶対に傷つけてはならない神経の位置も確認できるので、安全な治療をすることができます。

また、CTで撮影したデータをデジタル処理することにより、コンピュータ上で手術のシミュレーションができます。患者さまも、CT画像を見ながら視覚的にもわかりやすい説明を受けることができるので、治療に対する理解が深まり、安心感を持って治療を受けることができます。

歯科用CTについて、詳しくはこちらへ

【特長3】HAインプラントで抜歯即時埋入もOK当院のインプラント治療の特長
HAインプラントとは、インプラントの表面をハイドロキシアパタイトという、歯や骨の主要構成成分でコーティングしたものです。骨と同じ成分のため生体組織となじみやすく、短期間で顎の骨としっかり結合できるという特長があります。そのため、抜歯即時埋入(歯を抜くと同時にインプラントを埋め込む)も可能となっています。

またHAインプラントは、顎の骨を大きく失っている場合でも骨再生治療を行いながらインプラントを埋め込んでいくことができるため、手術の回数が少なくすみ、治療期間も従来と比べて大幅に短縮できます。

当院では年間100症例を実施している実績があり、多くの患者さまにご満足いただいております。

インプラント症例についてはこちらへ

【特長4】顎の骨が少ないと断られた患者さまでも大丈夫です当院のインプラント治療の特長
当院には、顎の骨が薄く、骨量が足りないからと治療を断られた患者さまが大勢来院されています。そして、ほとんどの患者さまに明るい笑顔を取り戻していただいております。

●最先端の再生療法で、骨が少ない方もインプラントが可能です
当院ではHAインプラントを使用すると同時に、最先端の再生療法であるCGF療法を導入することで、顎の骨が少ない方でもインプラントを可能としています。

CGF(Concentrated Growth Factors)療法とは、患者さまの血液から分離した成分(多血小板血漿)を利用して骨や歯周組織の再生を促す治療法で、現在最も注目されている最新の再生療法です。

ケガをして出血すると、破れた血管の穴を補修するために血液中にふくまれている凝固採用を持つ因子が刺激され、フィブリンという物質が作られて傷口をふさぎ、出血を止めて傷の治りをうながします。
CGF療法では、患者さまご自身から採血する血液(10cc)を遠心分離機(Medifuge)にかけてフィブリンを人工的に作製します。凝固促進剤や抗凝固剤といった添加物をまったく加えない、完全な自己血液由来のフィブリンで、感染症や副作用の心配もなく、安全に治療することができるのが特長です。
※従来はPRP療法という再生療法が行われていましたが、血液凝固剤を加えて人工的に凝固させるものでした。

患者さまの血液から作り出したフィブリンはゲル状の物質です。傷を治す働きのある成分や、細胞を成長・増殖させる成分(血小板・成長因子)が濃縮された状態でふくまれているので、手術後の傷を早く治すことができたり、人工のメンブレン(骨を増やすための膜)の代わりに使用したりします。
インプラント治療では、骨が不足している部分にフィブリンを填入したり、メンブレンにして骨を覆って再生・治癒を促進させます。

<CGF療法のメリット>
・手術後の痛みが少なく、傷の治癒を早める
・血小板・成長因子が多量にふくまれた完全自己血液由来のフィブリンを使うので、骨が不足している箇所に使用すると再生が早まる
・添加物を使わないので、副作用などの心配がなく、費用も安くなる
・治癒期間が短縮される

<CGF療法に適している方>
・顎の骨が不足しているため、インプラントができないと言われた方
・短期間ですみ、できるだけお体に負担がかからない治療を望まれる方

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
まず、現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお伺いいたします。完全個室にて行いますので、インプラント治療だけでなく、歯に関することであれば、どのようなことでも、遠慮なくご相談ください。

次へ
インプラント治療の流れ2.精密検査・診断
治療に必要な各種検査、診査を行います。レントゲン撮影をさせて頂き、お口の状態を正確に把握していきます。想定される治療方法や将来的なリスクなどについてご説明いたします。また、治療にかかる期間や方法、費用などについてもご説明いたします

次へ
3.インプラント治療の計画の説明
CT画像などで正確な骨の状態を把握した上でインプラント治療の計画を立てます。本数、期間、費用などをわかりやすく説明させていただきます。その際に、インプラント治療に伴うリスク、治療後の保証、メンテナンスなどについても詳しく説明いたします。

次へ
4.手術前の処置
インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の状態を整えます。これは非常に大切な処置でインプラント手術の成功のキーポイントになります。

次へ
インプラント治療の流れ5.インプラント埋入手術
インプラントを埋め込む手術を行います。当クリニックでは全身麻酔を使わず、歯を抜くのと同じように局部麻酔で手術を行います。処置はだいたい30分~1時間程度で終わりますし、手術後の腫れについても、2~3日程度で、ほとんどの方は気にならなくなります。

次へ
6.インプラントを定着させるための保定期間
埋入したインプラント体が定着するまでの目安は、上の顎で6ヶ月、下の顎が3ヶ月程度です。

次へ
7.土台の装着と人工歯の製作
埋入したインプラントに人工の歯を接続するためのアバットメント(土台)を装着します。また、最終的に装着する人工歯(セラミッククラウン)を製作します。当日は仮歯を装着して帰ることができます。

次へ
8.人工歯の装着
インプラントが顎にしっかり固定されたら、最終的な人工歯を取り付けます。

次へ
9.経過観察
装着した歯の状態を確認します。頬などを噛むことがないか、話しにくくはないか、などをチェックします。同時に歯磨きの仕方も指導します。しっかりとしたメンテナンスで末永くインプラントを利用し、健康な日々をお過ごしください。

次へ
インプラント治療の流れ10.3ヶ月に1回メンテナンスを行います
安定した状態でインプラントを長くお使いいただくために2〜3ヶ月に1度のメンテナンスをお願いしています。定期的なメンテナンスでは、インプラント専用の器具を使い、ていねいにクリーニングを行います。また年に1回程度、噛み合わせのチェックを行い、乱れが生じたら直ぐに調整をし、良い状態を保っていきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント


アクセス・診療時間


TOPへ