トップへ » 当院が選ばれる理由 » ホワイトニング

歯を削らずに、白さと輝きを取り戻す【ホワイトニング】

ホワイトニング

歯の色は人それぞれ異なります。それでも、美しくて白い歯へのあこがれは、いつの時代も変わらないもの。そこで、おすすめしたいのがホワイトニング治療です。

歯へのダメージも少ない治療法です
笑ったときに気になる歯の黄ばみやくすみ。それらの多くは加齢や遺伝、飲食物による着色が原因で、自分では完全に落とすことはできません。

ホワイトニングは、歯を削ったり被せたりせずに、白く美しい歯を手に入れることができる治療法です。1989年にアメリカで実用化されて以来、世界中の研究機関で安全性が確認されています。歯に与えるダメージも少なく、安心して治療を受けていただけます。

●このようなお悩みをお持ちの方におすすめです
・歯のくすみ、黄ばみが気になる
・白い歯に憧れている
・仕事上、人前で話をしなくてはならない
・年齢によって歯が変色してきた

医院で行う【オフィスホワイトニング】<ビヨンド・ポーラス>

ビヨンドポーラスホワイトニング先進国であるアメリカでNo.1の実績がある、ビヨンド・ポーラスを導入しています。漂白効果のある薬剤を歯の表面に塗り、光を当てることにより短時間で漂白を行います。

ビヨンド・ポーラスは、紫外線を特殊フィルターで完全にカットし、発熱も抑制しつつ、強いパワーの光を発することができるため、効率的にホワイトニングを行います。

ビヨンド・ポーラスは着色も除去する効果があるので、歯の表面をきれいにする前処置の必要も簡単ですみ、光照射時間も短縮できます。そのため、ホワイトニングの効果が非常に高い一方で、歯がしみるなどの副作用もほとんどありませんので、安心して受けていただけます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット
【オフィスホワイトニングのメリット】
・即効性がある
・歯科医院で行うため、安全かつ手間がかからない

【オフィスホワイトニングのデメリット】
・即効性はあるが、ホームホワイトニングに比べ、効果が長続きしにくい

オフィスホワイトニングの手順
1.歯の清掃と歯石除去
ホワイトニング治療の前に歯を清掃し歯石の除去を行います。

次へ
2.歯肉にプロテクターを装着
歯肉にホワイトニング剤が直接かからないように保護します。

次へ
3.ホワイトニング剤を塗布
専用のホワイトニング剤を白くしたい歯に塗ります。

次へ
4.2〜3分おきます
ホワイトニング剤を塗った後、約2~3分程度、そのままの状態にします。

次へ
5.光線を照射
白くしたい歯に光線を照射します。

次へ
6.洗浄
ホワイトニング剤をしっかり洗い流します。ホワイトニングの効果を確認しホワイトニング治療を終了します。

●オフィスホワイトニング施術時の注意点
・1ブロック30分ほどかかります。
・2回来院していただく必要があります。
・効果の持続時間は平均して3~6ヶ月ほどが目安です。

●オフィスホワイトニング直後の注意点
・再着色の恐れがあるので以下の注意点を守ってください。
・術後24~48時間は喫煙をしないでください。
・最低24時間はコーヒー・紅茶・赤ワイン・カレー・チョコレートなどは控えてください。

ご自宅で手軽にできる【ホームホワイトニング】

ホームホワイトニングご自宅で行うホワイトニングです。低濃度の薬液で、時間をかけて漂白していくので、しっかりと白くなり、また、長持ちします。お口の形に合わせたマウスピースを歯科医院で作り、その中に薬を塗り装着することで、ホワイトニングを行います。

効果が出るまでに個人差もありますが、一般的に1日2時間の装着で、2~4週間ほどかかります。効果の持続時間は、1~2年ほどと言われています。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
【ホームホワイトニングのメリット】
・効果が長持ちする
・施術のために、何度も歯科医院を受診する必要がない
・自分のペースで、ホワイトニングできる
・費用がオフィスホワイトニングに比べ抑えられる

【ホームホワイトニングのデメリット】
・即効性がない
・薬剤の塗布から装着、ケアまで全て自分で行わなければならず、手間がかかる
・効果を実感するのに、時間がかかる

●ホームホワイトニングの注意点
・マウスピースを外してから1~2時間程度は飲食しない
・ホワイトニング期間中は喫煙やコーヒー・紅茶・赤ワイン・カレー・チョコレートなどの飲食を控える
・ホワイトニングの回数と時間をきちんと守る

デュアルホワイトニングのススメ

デュアルホワイトニング●オフィスとホームを組み合わせたホワイトニング
デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行うホワイトニング治療です。単独でそれぞれ行うより高い効果が得られるうえ、より長く自然で白い歯を持続させることができます。

短期間で白い歯を手に入れることができ、白さが長持ちするので、最近ではこのデュアルホワイトニングを選択される方が多くなっています。

ホワイトニングが適さない場合もあります

適さない場合差し歯、入れ歯、詰め物をしている歯など、人工物にはホワイトニングの効果がありません。また、テトラサイクリン歯という、変色歯にも適していません。

●妊娠中はお控えください
ホワイトニングは安全性の高い治療法ですが、薬剤を用いるので、妊娠中は避けた方が良いでしょう。また、治療していない虫歯や歯周病がある場合も、患部に薬剤が付着して悪化する可能性があるので、先にそれらの治療をしてからホワイトニング治療を受けることをおすすめしています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » ホワイトニング


アクセス・診療時間


TOPへ