トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科

痛くしない、怖くしない、歯医者さんです

「歯医者さんにいくと、痛いことされる」「音が怖い」「機械がいっぱいでイヤ」
歯医者さんが苦手というお子さんはたいてい、こんな風に思っています。

痛くしない怖くしない

でも大丈夫! 当クリニックの望月先生は家に帰れば2児のパパ。みんなが大好きなアニメのことも流行のゲームも、よ~く知ってる歯医者さんです。

歯医者さんがはじめてのお子さんも安心のクリニックです
当クリニックは駅前立地の医院ですが、小児歯科にも積極的に取り組んでいます。「歯医者さんははじめて」という小さな患者さまもいらっしゃいます。無痛治療を心がけているので、いわゆる痛い歯医者さんではありません。そのため、お子さんもクリニックの雰囲気になれてしまえば、みなさん元気よく通われています。

治療は不安な気持ちがなくなってから

治療を始めましょう「好きなアニメは何?」「その靴下カッコいいじゃん」お子さんの緊張を解いて、歯医者さんが怖い人じゃないことをわかってもらうこと。それが治療の第一歩です。

だから、たわいのないことでも、たくさん話を聞く、話をする、といったコミュニケーションがとても大切。お子さんは歯医者さんに気を許すと、すすんで口を開けてくれるようになります。治療は不安な気持ちがなくなってから始めますよ。

できたことは、きちんと褒めます
急ぐ処置は別として、無理なときは、治療をしないこともあります。いやがる時に無理矢理治療したら、どんどん歯医者さんが苦手になってしまうからです。

その代わり、できたことは思いっきり褒めます。全部できなくてもできたところまで、しっかり褒めます。どんな小さなことでも、お子さんは褒められるとうれしく感じます。少しずつでも良いのです。歯医者さんへの苦手意識が薄れてくれば、治療もスムーズに行うことができるようになります。

いっしょにやっつけよう!
治療をするときは、治療器具を見せながら進めていきます。たとえば「このドリルで、虫歯をやっつけるぞ!いっしょにやろうね?」と声をかけると、お子さんはがんばろうってキモチになります。

口腔内カメラで口の中の虫歯を見せて「こんなふうになってるんだよ」と虫歯の説明をすれば、虫歯の大きな穴を見てビックリして「どうしよう」って思います。きちんとお子さんの目線で説明をして、納得していっしょに治す。この繰り返しが大切です。

保護者の方にお願いしたいこと

画像小●診察中は待合室でお待ちください
●歯医者さんを怖い場所と言わないで

当クリニックでは、お子さんは大人と同じ大切な「一人の患者さま」です。そのため、治療についてもわかりやすく噛み砕いて説明をしています。

甘えたい気持ちをガマン。お子さんの自立にも繋がります
治療を行う際は、保護者の方にはできるだけ待合室でお待ちいただいています。これは、親御さんなどがそばにいると、どうしてもお子さんが甘えたくなる気持ちを持ってしまうからです。

でもどうしても「お母さんと一緒じゃないとできない」というお子さんもいます。そういう場合は、最初はお母さんと一緒に治療を始め、慣れてきたら少しずつお母さんとの距離を置くようにしていきます。

お子さんにとって歯医者さんで虫歯を治すことは勇気のいることです。それでも、がんばって乗り越えることで、歯の大切さを強く意識してくれると信じています。

お子さんを叱るとき、歯医者さんを出していませんか?
そして、もうひとつのお願いは「お医者さんや歯医者さんをお仕置き代わりにしないで」ということ。私も子どもの頃に言われた記憶があります。「悪いことするとお医者さんに注射してもらうよ!」ってなると、お子さんにとって、お医者さんや歯医者さんは怖いイメージになってしまいます。これを払拭するのはなかなか大変なのです。どうか、お子さんの為にもよろしくお願いします。

お子さんの歯を守るために

正しい「歯磨き」ができるように【ブラッシング指導】画像小
丈夫で健康な歯を作るためには正しい歯磨きが大切です。ブラッシング(歯磨き)指導では歯ブラシの動かし方や、磨き残しのチェックを行います。できたら褒めるを繰り返し、歯磨きが上手なお子さんへと導きます。

●歯ブラシの練習は、歯が生え始めた頃からはじめましょう
●慣れたら、歯医者さんでの歯ブラシ指導を受けましょう

歯質を強化しましょう【フッ素塗布】画像小
市販されている歯磨き剤などにも配合されているためご存知の方も多いと思いますが、フッ素には虫歯を予防する効果があります。歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれるフッ素は歯質の強化に力を発揮します。

●フッ素の虫歯予防効果は持続性がありません
●3~4ヶ月に一度、定期的なフッ素塗布がおすすめです

虫歯を防ぐために【シーラント】画像小
乳歯はとても柔らかくて溝が深いので、汚れが溜まりがちです。そこで、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチック(コンポジットレジン)を埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です。

●コンポジットレジンで溝に蓋をします
●汚れや細菌感染を防ぐことができます

●コンポジットレジンとは?
歯と歯の隙間を埋めて形の修正や歯の表面のコーティングなどに使用します。歯に詰める前はペースト状ですが、固まると歯とほとんど変わらない硬さになります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科


アクセス・診療時間


TOPへ