トップへ » 当院が選ばれる理由 » 無痛治療へのこだわり » 麻酔注射だって、痛くない!

麻酔注射だって、痛くない!

麻酔注射治療中の痛みを抑えるために使用する麻酔が「痛くてイヤ」と言う方がたくさんいらっしゃいます。歯科治療の最初の試練である「麻酔」。「痛みのない麻酔」をすることが当クリニックのこだわりです。

「ぜんぜん痛くなかった」
「えっ?注射したの?分からなかった」
「最近の麻酔は針を使わないの?」
「あれっ!?麻酔、もう終わり?」

来院された患者さまから、こんな声をたくさんいただいています。
「麻酔注射がイヤだなー」と日頃からお感じであれば、ぜひ一度、当クリニックをお試しください。


表面麻酔で「チクリ」を減らします
麻酔注射をする前に、歯ぐきに「表面麻酔」という薬を塗ります。皮膚や粘膜を麻痺させるので、麻酔針を注入する際の違和感を減らすことができます。

世界でもっとも細い注射針を使用しています
痛みを減らすことを目的に開発された、世界でもっとも細い注射針「33G(針の外形が0.026mm)」の注射針を使用しています。注射針は細いほど違和感を感じにくくなります。

暖めた麻酔液を使用しています
体温と温度差のある液体を歯ぐきに注入すると、身体はびっくりして痛みとして感じることがあります。当クリニックでは、麻酔液を人肌程度に温めて温度差による刺激を減らしています。

電動の麻酔注射器でゆっくりと注入
麻酔液を一気に注入すると痛みになることがあります。当クリニックでは、麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入できる「電動麻酔注射器」を使用しています。麻酔薬注入の刺激による痛みを緩和します。

充分に麻酔が効いてから治療を始めます
麻酔を打ったらすぐ治療を始めるような乱暴なことはしません。麻酔の効果がきちんと効いてから治療を始めるので、治療に伴う痛みや不快感をほとんど感じることがありません。安心して治療をお受けいただけます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 無痛治療へのこだわり » 麻酔注射だって、痛くない!


アクセス・診療時間


TOPへ