トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防治療 » 「バイ菌」と「チカラ」をコントロールする

「バイ菌」と「チカラ」をコントロールする

コントロール当クリニックの予防治療の考え方には2つの大きな柱があります。

1.バイ菌のコントロール
虫歯や歯周病はバイ菌が引き起こす感染症です。歯磨きは予防の基本ですが、歯ブラシではバイオフィルムやこびりついた歯石を取り除くことができません。

歯科医院で行うクリーニングは、歯ブラシでは落とせない汚れを完全に取り除くことができます。歯ぐきの中に隠れた歯石やプラーク(歯垢)を除去し、お口の中のバイ菌をコントロールすることが、トラブルを未然に防ぐことにつながります。

2.噛み合わせのチカラのコントロール
口の中を安定した状態に保つために、バイ菌のコントロールはとても大切です。しかし、噛み合わせが悪いと、どうしてもお口の中の状態が悪くなってしまいます。噛み合わせの乱れによって、特定の歯にチカラがかかると、その歯の寿命は確実に短くなってしまいます。そのため、噛み合わせのバランスをチェックし、歯にかかるチカラのコントロールをすることが大切なのです。

「バイ菌」と「チカラ」の2つをコントロールして、良い状態を保つ
お口の中を良い状態にしていくためには「バイ菌」と「チカラ」、この2つのコントロールが何より大切です。歯の状態、噛み合わせの状態を定期的にきちんと診ることで、常に口の中の状態を良い状態に保っていくことが必要です。

そのために、1〜4ヶ月に1度、バイ菌のコントロールをするためのクリーニングを行い、年に1回程度、噛み合わせのチェックをしましょう。

この時に、噛み合わせに問題が見つかったら、問題のある箇所をきちんと治して、チカラのコントロールをしていきます。噛み合わせはひどくなる前に治していくことで、歯や顎への負担も減ります。長く自分の歯でおいしい物をしっかり噛めるようしていきましょう。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防治療 » 「バイ菌」と「チカラ」をコントロールする


アクセス・診療時間


TOPへ