トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防治療 » 目先の治療だけでなく、将来を守ること

目先の治療だけでなく、将来を守ること

「歯も痛くないのに歯医者に通うの?」。予防の話をすると、そうおっしゃる方がいます。では、多くの方が30〜40代で歯を失い始め、80歳では7本しか残ってないという事実をご存知でしょうか?

画像大

定期検診に通う人はたったの3%
歯周病の怖さなどが広く知られるようになり、予防への意識は以前に比べ高まっています。しかし、日本人が定期検診に通う割合は約3%で、欧米の約80%に比べて驚くほど低い数字です。先にご紹介した80歳の歯の残存本数の平均が、アメリカでは15本、スウェーデンでは20本ですから、定期検診がいかに大切かご理解いただけると思います。

今は良くても30年後はどうなるか
いまはまだ大丈夫。そう思っていても、20年後、30年後の自分を想像してください。もし、ほとんどの歯をなくし、総入れ歯になってしまったら、物を噛む力は1/10ぐらいにまで弱くなってしまいます。歯周病がひどくなってしまったら、糖尿病や認知症などのリスクも上がっていきます。

定期検診からがスタートです
治療してきちんと治した歯と、お口の良い状態を長く保つことが予防歯科のスタート。まずは、治療終了後の定期検診をきちんと受けることからはじめましょう。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防治療 » 目先の治療だけでなく、将来を守ること


アクセス・診療時間


TOPへ