トップへ » 当院が選ばれる理由 » 噛み合わせ治療 » 噛み合わせが悪いとどうなるの?

噛み合わせが悪いとどうなるの?

噛み合わせ悪い噛み合わせが良くないとどんなに歯磨きが上手でも歯が長持ちしません。それは、良くない噛み合わせによって、特定の歯ばかりに噛み合わせのチカラがかかってしまい、その歯の寿命が短くなってしまうからです。

噛み合わせはとても繊細なものです。また、安定した噛み合わせは一人ひとり、すべて異なります。

慣れたのではなくて、キケン信号?
虫歯治療で詰め物をしたり、被せものをした後、何となく違和感を感じていたのに、使っているうちにだんだん気にならなくなった。こんな経験はありませんか?

これは、慣れたのではなく、噛み合わせが合ってないために、歯の根のまわりの歯根膜に余分な力が加わり、組織が痛んでしまった可能性があります。歯がぐらぐらしてきたのであれば、歯の可動域が広がっているため、このまま放っておくとやがてその力に耐えきれなくなり抜け落ちてしまいます。

●噛み合わせが悪くなる原因は?
噛み合わせが悪くなる原因はいろいろ考えられますが、日頃の噛みグセなどが影響したり、姿勢が悪いことや歯ぎしりが原因になることもあります。ちょっとしたクセの積み重ねで、気付かないうちに「顎」や「噛み合わせ」の問題が進行していくこともあります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 噛み合わせ治療 » 噛み合わせが悪いとどうなるの?


アクセス・診療時間


TOPへ