トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 失った歯を補うには

失った歯を補うには

失った歯を補うには、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。

ブリッジ失った歯を補うには
抜けてしまった歯の両隣にある健康な歯を支えにして、ダミーの歯と連なった被せ物を装着します。保険が適応されるので、現在最もよく行われている治療法です。

<ブリッジのメリット>
・異物感がそれほどなく、普通にものが噛める

<ブリッジのデメリット>
・両隣の歯を大きく削らなければならない
・2本の歯で3本分の噛む力を負担するため無理がかかる
・ブリッジと歯との境目に隙間ができてしまうので、歯垢が溜まりやすく不衛生になりがち
・保険治療の場合は金属を被せるので、審美性に劣る

入れ歯失った歯を補うには
<入れ歯のメリット>
・歯がない部位に装着するだけなので安全
・保険診療で作ることができる
・顎の骨が薄くても作ることができる
・取り外しができるのでメンテナンスが楽

<入れ歯のデメリット>
・歯にかかる力を歯ぐきで支えるため、プラスチック製の人工の歯ぐきがついたものを装着しなければならない
・違和感がある
・入れる場所によっては舌がひっかかって発音障害を起こすこともある
・噛む力が、健康な歯の20~30%ほどとなる
・入れ歯を支えるためにワイヤー状の留め金を健康な歯に引っかけるので、支えとなる歯に大きな負担がかかる

インプラント失った歯を補うには
<インプラントのメリット>
・健康な歯を削る必要がなく、ほかの歯に負担がかからない
・入れ歯のような違和感がない
・天然の歯と同じように、強い力で噛むことができる
・見た目も天然歯とほとんど見分けがつかない

<インプラントのデメリット>
・値段が高い(1本30~50万円)
・外科手術が必要(事故の可能性もゼロではない)
・期間が長くかかる
・顎の骨が薄く、骨量が不足している場合は治療を断られることがある


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 失った歯を補うには


アクセス・診療時間


TOPへ