トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 「抜けたままでもいいや」と思っていませんか?

「抜けたままでもいいや」と思っていませんか?

インプラント治療歯が抜けたままにしておくと、お口の中に思わぬ悲劇が訪れます。放置しておくとどうなるでしょうか。

(1)歯が抜けた部分に隣の歯が動いてくる
数ヶ月、あるいは数年という時間はかかりますが、確実に、抜けてしまった歯の両隣にある歯が倒れ込んできます(傾斜)。さらに、噛み合っていたはずの上の歯が下に落ちてきます(挺出)。

(2)噛み合わせが悪い歯に異常な力がかかる
歯が動いてしまうと、ものを噛んだときに噛み合わせがずれた部分が異常な強さでぶつかるようになり、大きなダメージが加わります。

(3)虫歯や歯周病になって、最後には抜けてしまう
傾斜や挺出で歯並びが悪くなると、どうしても歯垢が溜まりやすく、不衛生な部分ができてしまいます。すると、その部分が虫歯になったり歯周病を起こしたりします。症状が進むと、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。

傾斜や挺出した歯の寿命は、健康な歯の2/3~1/2ほどとなってしまいます。また、歯が抜けてしまった側ではしっかりものを噛むことができなくなるため、反対側の奥歯や前歯などに余計な負担をかけてしまいます。その結果、それらの歯の寿命も短くなってしまうことがあります。すべての歯の寿命が短くなってしまうということは、やがて総入れ歯をしなければならなくなることを意味しています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 「抜けたままでもいいや」と思っていませんか?


アクセス・診療時間


TOPへ