トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 自然な見た目で、虫歯再発のリスクを抑える【補綴(ほてつ)】

自然な見た目で、虫歯再発のリスクを抑える【補綴(ほてつ)】

自然な見た目補綴(ほてつ)とは、いわゆる詰め物や被せ物の治療をさします。審美歯科では「より自然で美しい見た目」をめざして、歯の欠けてしまった部分や、失ってしまった部分を修復します。冠(クラウン)、インレー、差し歯などの人工物で失われた部分を補い「うまく噛めない」「しゃべりにくい」「見た目が悪い」といった問題を解決します。補綴物は、豊富な種類を揃えていますので、患者さまのご要望に合せて最適な素材をお選びいただけます。

補綴物の治療について(クラウン・インレ-)
●インレーとは
虫歯で歯質の一部が失われた際に、その部分を人工物で補強する処置です。一般的に「詰め物」と呼ばれます。歯型をとり、模型上でひとつずつカスタムメイドで作りあげていきます。

●クラウン(被せ物)とは
歯が大きく欠けたり、大きな虫歯の場合に、歯の土台に被せる歯冠補綴物です。一般には「歯の被せもの」として知られています。インレーと同じく、歯型をとりカスタムメイドで作り上げていきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 自然な見た目で、虫歯再発のリスクを抑える【補綴(ほてつ)】


アクセス・診療時間


TOPへ