トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 具体的な治療の流れ

具体的な治療の流れ

治療の流れ1.問診票の記入
問診表とチェックシートに必要事項を詳しくご記入ください。特に全身的な疾患の有無、内服している薬などは、歯科治療に影響するものも少なくありませんので、必ずご記入ください。また、カウンセリングに先立ち、治療に対する考えや疑問などをスタッフにお話ください。

次へ
2.問診
カウンセリングルームで、カウンセラーがお話をお伺いします。治療に対する希望やお悩みなどどのようなことでも構いません。お話ください。

次へ
3.検査
口腔内の状態を調べ、歯周病と虫歯の程度と状態を把握します。痛みなどがある場合は先に応急処置を行います。

●検査の内容
・レントゲン撮影
・歯周病のポケット測定検査
・口腔内写真撮影
・診断用歯型模型を作るための型取り(病態によって実施します)
・必要な場合はCT撮影(保険適用外になります)

次へ
4.検査結果の説明治療の流れ
検査結果をもとに、患者さまのお口の状態について説明をいたします。治療方法について、ご説明します。
・初期段階の歯周病の場合、メンテナンスを中心とした治療の流れと、歯周病について詳しくご説明いたします。
・歯周病の進行が進んでいる場合(中程度、重度)、検査結果をもとに詳しい治療計画を立案いたします。

次へ
5.ブラッシング指導治療の流れ
歯周病治療に大切なのが、ブラッシングのレベルを上げることです。歯磨きは自分ではきちんとできていると思っていても、磨き残しが多くあるもの。まずは、自分の磨き方のクセや磨けていない場所を知っていただきます。さらに、一人ひとりの患者さまにあった磨き方を歯科衛生士がていねいにご指導いたします。

次へ
6.スケーリング(歯石・歯垢の除去)
超音波の振動がでるスケーラーという機械などを用いて、歯にこびりついたプラーク(歯垢)や歯石を除去します。なるべく痛みや不快感がないよう処置していきます。これにより歯ぐきの表面の炎症が改善します。

次へ
7.2回目の検査
再度歯周病のポケット測定検査を行い、炎症が残っている場所がないか調べます。歯肉炎や軽度の歯周病の箇所は炎症がなくなっている場合が多いのですが、中程度・重度の歯周病では炎症が残る場合があります。さらに治療が必要な部位があるかどうかも調べます。

次へ
8.ルートプレイニング(歯石除去)治療の流れ
歯周病の進行が進み、歯の根の表面についた歯石を、少量の麻酔下でていねいに除去します。これにより、歯の根の表面がつるつるになるため、歯と歯ぐきがぴったりくっつき細菌や汚れが入りにくくなります。これをヘミデスモゾーム結合と言い、炎症が改善します。

次へ
9.3回目の検査
8のルートプレイニングが済みましたら歯周病のポケットを検査し、今後の治療計画についてご相談いたします。まだ深いポケットがある場合は、歯周外科が必要になることがあります。一方、ここまでの治療で歯周病が改善し、安定している場合は、メンテナンスに移行します。深いポケットが残っている場合でも、メンテナンスでフォローすることもあります。

次へ
10.メンテナンス(PMTC)
歯周病治療により炎症がとれた方は、歯周病が再発しないように、ご自宅でしっかりブラッシングをしてください。しかし、3ヶ月ぐらいすると、バイオフィルムという細菌の塊が歯につきます。これは、歯磨きではとることができません。そのため、定期的にPMTC(専門家による機械的な歯のクリーニング)を行ってください。PMTCを受けることにより、お口の中の細菌の数を減らし、虫歯や歯周病の予防に効果を発揮します。当クリニックでは、エアフローという特別な器具を使用し、バイオフィルム、歯石、汚れを除去します。

次へ
11.歯周外科【歯周再生療法:エムドゲイン療法】(保険外)
歯周組織の破壊がひどい場合、「歯周組織再生用剤」と言う、手術治療を補助するための歯科用材料を使用します。併せて使用する「エムドゲイン」は、スウェーデンのビオラ社で開発された、子どもの成長期には欠かせないたんぱく質の一種です。感染症などの報告もなく、安全で治療効果が高いとされ、世界中に普及しています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 具体的な治療の流れ


アクセス・診療時間


TOPへ