トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 実は「歯周病」が歯を失う一番の原因なんです

実は「歯周病」が歯を失う一番の原因なんです

歯周病原因歯と歯茎の間にできた「歯周ポケット」に汚れが溜まり、そこに歯周病菌が増えると歯肉が炎症を起こします。つまり、歯周病は歯周病菌による感染症なのです。炎症が歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯ぐきや骨が溶け始めます。

現在日本では、歯を失う原因の第一位が歯周病となっています。歯周病は自覚症状が現れはじめた頃にはかなり進行している病気です。下のチェックシートで、歯周病の恐れがないかチェックしてみましょう。

あなたは大丈夫?【歯周病チェックシート】
1.歯磨きをすると出血する
2.歯茎が赤く腫れている
3.冷たいものが歯茎にしみる
4.歯がグラグラしている
5.歯並びが悪い
6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
8.口臭がある
9.歯が長くなったように見える
10.朝起きたとき、口の中がネバつく
11.口呼吸している
12.喫煙している
13.糖尿病、高血圧である
14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい

※あてはまる数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。

●当てはまらなくても、歯周病の可能性はあります
もちろん、チェックシートの項目がどれも当てはまらなくても歯周病である可能性は否めません。ご自身では自覚しにくい病気ですから、定期的にメンテナンスに通ってしっかり予防をしましょう。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 実は「歯周病」が歯を失う一番の原因なんです


アクセス・診療時間


TOPへ