トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 入れ歯と噛み合わせの関係

入れ歯と噛み合わせの関係

入れ歯の関係

はじめて「入れ歯」を装着すると、何ともいえない違和感があります。しかし、噛み合わせを考慮し、顎の大きさを正確に診断すれば、その違和感は最小限に抑えることができます。

当クリニック院長は噛み合わせ治療の専門医です。患者さまの噛み合わせをきちんと診断し、ご要望に合わせた、自然で一体感のある、さらに丈夫で快適な入れ歯作りを行っています。

画像小「慣れ」は「ズレ」かもしれません
「そのうち慣れてくる」入れ歯の違和感をこう表現する人がいます。しかし、それは「ズレた」まま「慣れて」しまったのかもしれません。

お口の状態を良く保つために「噛み合わせ」は非常に大切です。これは入れ歯の場合も全く同じです。そのため、当クリニックでは入れ歯の患者さまの噛み合わせチェックを3〜4ヶ月に1度行っています。

また、残っている歯に負担がかかってくることも多いため、全体の状態をきちんと把握しながら、入れ歯の噛み合わせを修理したり、作り直しを検討することも大切です。作るときだけでなく、使っているときも、きちんと噛み合わせを意識する、それが当クリニックの入れ歯に対する方針です。

●日頃から違和感がなくても要注意?!
日頃それほど違和感がない場合でも「入れ歯」は日々の食事などで、必ず削られます。そのため、定期的にメンテナンスを行って噛み合わせを調整し、常に良い状態を保っていくことが大切です。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯治療 » 入れ歯と噛み合わせの関係


アクセス・診療時間


TOPへ